税金の減額制度を利用しよう!気になる疑問にもお答え

税金が減額になる

ウーマン

制度を理解してお得に

介護付有料老人ホームといった施設に入居するには、費用が高額になることが非常に心配ですよね。入居できたとしても、お金を払っていくことができるのかと不安に思うことも多くあると思います。そんな時に知っておきたいのが、税金が減額になる制度です。このような制度は複数あるため、よく理解して利用することで費用の負担を軽くすることができますよ。場合によっては、食費や生活に関わるような費用も免除することができるのでチェックしましょう。

扶養控除を利用する

介護付有料老人ホームに入居する際には、扶養控除について確認してみると良いでしょう。中にはすでに扶養控除を利用しているという方もいらっしゃるかもしれません。利用していないという場合であっても、良く調べると扶養控除を受ける事ができることもあります。一度きちんと調べてみることをおススメします。扶養控除が適用されるだけでも、費用の負担がかなり軽減されることでしょう。

障がい者控除について

障がい者控除についてご存じでしょうか。介護付有料老人ホームに入居する際、検討しておきたい控除の項目となります。要介護と認められると障がい者として認定されるということではないのですが、障がい者控除の定めは各自治体によって異なってきます。広島の自治体に一度確認をとってみることが必要でしょう。障がい者として認定されると、所得税などの税金の負担も合わせて減らすことができます。

介護付有料老人ホームに関するQ&A

介護付有料老人ホームの良い点とは?

介護付有料老人ホームのメリットとしては、24時間きちんと入居者を見守ってくれる体制があるということでしょう。介護に関わる施設も充実しており、レクリエーションといった楽しむための施設も共に工夫がされていることも多くあります。医療ケアが必要な入居者でも、入居することができる施設があることも魅力的です。施設の種類も豊富にあるため、入居者の条件にあった施設を見つけ出すこともできるでしょう。

費用はどの程度が相場なのでしょうか?

介護付有料老人ホームに入居するためには、初期費用が必要となります。この初期費用は施設によって異なってきますが、無料である場合もあるので費用をなるべく抑えたいという場合は良く調べる必要があるでしょう。月額で支払う費用に関しては10~20万円程となるのが相場となります。施設の内容によって、月額にも大きな開きがあると言えるでしょう。

基本のサービスを教えてください

介護付有料老人ホームで基本的に行われているのが、スタッフが24時間体制で見守っていることや、食事や入浴、トイレのサポートなど、お手伝いが必要となる身の回りのこと全てについてのケアがなされます。医療ケアもサービスに含まれている場合には、リハビリや健康状態のチェックなどが日々行われることとなるでしょう。医療に関する内容は広島の施設によって大きく異なりますので、注意が必要です。

手続きの流れを教えてください

入居の手続きを行う流れとしては、まずは施設の見学や説明を受けにいくことからスタートします。入居希望者とスタッフの面談を行うと同時に契約書や必要書類を提出することによって入居希望者の状態を判断し、入居可能かどうかを審査することとなります。審査が通ると、契約となります。

入居はどの程度難しいのでしょうか?

介護付有料老人ホームの人気は高まってきています。需要が高まると同時に施設の数も増えており、施設の内容にもそれぞれ特徴があったりと内容も充実していっています。そのため、入居ができなくて困っているという状況はあまりないと言えるでしょう。希望に合った施設をおさえたいという場合には、早い段階でリサーチをしておくと良いでしょう。